Sa+ ISSUE#004 声と芸術生産

¥ 500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール2

    150gまで

    全国一律 180円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

+journalのアート批評系タブロイド「A critical journal on contemporary art」シリーズの4号目《Sa+ 声と芸術生産》は、紛争やテロ、難民危機、安全保障関連法案、ヘイトスピーチやそれらに対するカウンターなど、現在の状況に対する「声」をテーマに、批評文、詩、散文、写真、ドローイングなどの様々な形式のテキストや視覚表現で構成された、タブロイド誌です。

寄稿者:
石川竜一(写真家)、内田聖良(余白工事の会(余白工事人)・ 凡人ユニット)、榮山剛士(写真家) 、大谷芳久(かんらん舎 画廊主)、奥村雄樹(アーティスト/トランスレーター)、狩野 愛(アートアクティヴィズム研究)、木原 進(urizen / Post Studium運営)、倉茂なつ子(芸術表象)、小林晴夫(blanClass主宰)、菅谷奈緒(アーティスト)、杉田 敦(美術批評)、高山 明(Port B主宰・演出家)、照屋勇賢(アーティスト)、Barbara Darling(アーティスト)、深田晃司(映画監督)、本間メイ(映像研究)、町田ひろみ(アーティスト)、Maharani Mancanagara(アーティスト)、森村泰昌(美術家)、野生派(石川竜一+木村絵理子+ミヤギフトシ+吉濱 翔)、湯浅千紘(アーティスト)、吉濱 翔(アーティスト)

企画・編集:
+journal(飯島真理子、井上文雄、倉茂なつ子、齊藤哲也、杉田 敦、高橋夏菜、チェ・キョンファ、沼下桂子、原田 晋、本間メイ)

発行日: 2016年3月29日
D4版タブロイド(406×272mm)、全24ページ
発行部数: 1000部

http://cj-ca.org/

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する